.

シアターオーケストラトーキョー

Profileプロフィール

ゲストコンサートマスター高木 和弘Kazuhiro Takagi

名前

プロフィール

大阪に生まれる。これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。
6歳よりバイオリンを始め、国内で数々のコンクールに優勝及び入賞を果たし、大阪で最も古い歴史と伝統を誇る大阪府立北野高等学校を卒業後渡仏。リヨン高等音楽院に学び、1994年に主席で卒業。
1995年渡米し南メソディスト大学に学ぶ。その後も2000年より文化庁派遣芸術家在外研修員としてシカゴのルーズベルト大学に在学。
主な賞歴としては1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーヴ国際コンクール第3位(1位なし)、2001年アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第一位などが挙げられる。
国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、 2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。
近年は音楽のジャンルの壁を飛び越えての活動もめざましく、DJ YOKU率いるクラブ系サルソウルオーケストラ、A Hundred Birdsのバイオリン奏者として、またヒップホップのキーボーディスト、タケウチカズタケ氏とのユニットtokyo.pandaのバイオリンとしてもシーンを沸かせている。FUKUOKA LOVE & COLLECTIONやBANANA REPUBLICのショー等、ファッションショーでの出演も数多い。
国内外のオーケストラとのソリストとしてもこれまで大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどとの共演も多数ある。
コンサートマスターとしてもダニエル・バレンボイム率いるシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター(2002~2006)、東京交響楽団コンサートマスター(2007~2012)、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター(2006~2013)等を経て、現在は国内外の様々なオーケストラから多くの出演の依頼がある。
室内合奏の分野においても恩師森悠子女史率いる長岡京室内アンサンブルでの経験を活かし、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダーとしても活動を展開中である。またサミット・ミュージック・フェスティバル(ニューヨーク)など国内外の講習会にも講師として招かれ、後進の指導にもあたっている。近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員としても度々招かれている。
現在、長岡京室内アンサンブルメンバー、ダラス室内交響楽団コンサートマスター(アメリカ)、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds, tokyo.pandaのバイオリニストとしても演奏活動を展開中。

活動詳細>> http://www.kazuhirotakagi.com


コンサート情報

「高木和弘 ヴァイオリン・リサイタル」
日時:2020年8月2日(日)16時開演(15時半開場)
会場:代々木上原ムジカーザ

<プログラム>
F.ワックスマン:カルメン幻想曲
E.W.コルンゴールド:組曲 シェイクスピアによる「空騒ぎ」作品11
N. パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 作品6 第一楽章(arr. F.クライスラー)
M.カステルヌオーヴォ=テデスコ:ヴァイオリン協奏曲第2番作品66「預言者」

前売り一般:3500円
問合:高木和弘オフィシャルファンクラブ「倶楽部ササノハ」
090-3189-0119
takagi.violin.sasanoha@gmail.com